〜 第四弾:今日の一冊 〜  身近な野菜のなるほど観察記
稲垣学洋 著  草思社
「野菜だって生きている。」
突然、何?!って思ったアナタ。この本を読んだら、そう言いたくなります。ハイ。
えっ、どんな本かって?
では、では。

皆さんは、野菜について考えたコトはありますか?

考えたコトがある方も、ない方も“野菜ってこんなに面白いのね”と思ってしまう本です。

43個の身近な野菜にまつわるさまざまなトピックやエピソードが紹介されていて、野菜のひとつ一つをテーマに取り上げられているので読みやすく、また個々のテーマのシメ方がウマイ!

知ってる!という内容のものもあれば、
フムフム・なるほど・へぇ〜っと
つい口から出てきてしまうほど“なるヘソ”ものです。

それから、じっくり見てほしいのがイラスト!
みれば見るほど、繊細な描写がとてもステキです。

これを読んだらアナタも野菜にハマるかも?!
『人に歴史あり、野菜に歴史あり』ですね。

by まーちゃん

身近な野菜のなるほど観察記


Topページへ戻る / 虎犬書棚への投稿 / 感想・ご意見など