〜 番外編:追悼 河合隼雄さん 〜
 

とうとう逝ってしまわれたのか、という残念無念な思いがあります。
去年の夏頃に脳梗塞で倒れられてから、お体の調子はいかがなものかと、
そしてきっと又回復されて、たくさんの文章を書いて下さって「心や魂の行方」を教えて下さるものだと信じていました。
ほんとうに残念です。
御会いした事もないのに、ものすごく身近な方でした。
ご冥福をお祈りして、たくさんの本を書かれておられますが私がもっとも感銘をうけた本を1冊紹介させて下さい。
朝日新聞社から出版されている「ナバホへの旅 たましいの風景」という本です。
河合隼雄さんのユモーアのある語り口と現実を直視した問題点と、いかに人間は創造的な生き物であるかと
いう事、他にもたくさんのことが書かれております。
きっとあの世へ行かれてもたくさんの人を和ませてはるんだろうな〜。
どうもありがとうございました、河合隼雄さん。

by Wakko

河合隼雄さんの著作

 

 

 

 

Topページへ戻る / 虎犬書棚への投稿 / 感想・ご意見など