屋久島ガイドサービス
屋久島ガイドサービス
Presents

自然のめぐみレシピ集

屋久島にはデパ地下も駅ナカもおしゃれな洋菓子店もありませぬが、タイガーの散歩の道すがら四季折々に自然が様々なめぐみを与えてくれます。
ちょっとした手間、ちょっとした工夫で驚くほどに美味しいスイーツやお総菜に変身です。

もうそろそろあの季節だなあ...などと思いながら、あそこの先のあのあたりの茂みに...あったあった!
両手に持ちきれないほどの収穫をもって帰り道を急ぎます。

質素だけど、とびきり贅沢なひとときが始まります。
屋久島に限らず、皆さんの住む所のお家の身近な近所の空き地の土手や里山なんかで見つけられるような素材をつかってできるもの。そんな自然のめぐみレシピを紹介しましょう。

いつもはこうしているけれど、今年はこうしてみようとかまだまだレシピは発展途上。
皆さんも色々工夫して楽しんでみて下さい。
また、自然のめぐみを活かした自給自足レシピに関する情報を求めます。
ご感想、ご意見、情報等 info@ygs.jp でお待ちしております。

(野草や山菜類には食べられないもの、食べると毒を含むものなどもありますので、書籍等を調べたり詳しい方に聞くなどして注意して採集してください。)

 

NEW! Vol.13 スズメバチの巣キャラメルの作り方 --2014.1.14up

Vol .1 ヨモギ団子

子供の頃、お祖母ちゃんが作ってくれたあの味です。春の野山や空き地の土手に生えているヨモギの葉を使って作る懐かしい味。


  Vol.2 シイの実パン

親が聞いたら悲しむかもしれません。「何が悲しゅうてドングリなんか食うとるんかウチの娘...」

いえいえ、これがどうして高級ナッツ入りのパンに匹敵するお味なんですな。


Vol.3 シイの実クッキー

パンがあるならクッキーも。おっとこの回はちょっと失敗。トッピングした実が硬過ぎでした。
細かく砕いて練り込んだ生地の方はとても美味しくできました。


  Vol.4 シャシャンボケーキ

道端の木ノ実が、高級洋菓子に大変身。
グルメなマダムもこれはもしや「つるこけもも」のケーキ?と間違う程の出来栄えでした。
私がオリジナル!の逸品です。
将来シャシャンボが洋菓子界で有名になった暁には、ここが歴史の発祥地であることを覚えていてくださいね。


   Vol.5 スモモジャム

梅雨の頃、赤く色づく奄美プラム。黒砂糖を使って南国風味の爽やかなジャムに仕上げました。

パンに良し、ヨーグルトに良し。
その他、デザートや料理にも..
おいしくて重宝するジャムのレシピです。


 Vol.6 タイガーのババロア

ちょうど旬の野生のベリーを収穫する事ができました。
オオバライチゴ(赤)とリュウキュウイチゴ(黄)。
そして黒っぽいのがタイガーの大好物、クワの実です。

本来のババロアの作り方とはちょっと違いますが、さらに軽くふんわりとした口当りの良いデザートです。


 Vol.7 モチ芋コロッケ

「今日もコロッケ〜明日もコロッケ〜」と言いたい程、美味しいモチ芋コロッケを紹介します。
此のモチ芋は沖縄で田芋と呼ばれている芋とは違う芋らしい。
もっとモチモチしていて、茎も葉も違うとの事。

屋久島特産のモチ芋で作るとっても美味しいコロッケです。


 Vol.8 パパイアのお漬物 

奈良漬け?それとも福神漬け?、、、いやいや、パパイアの漬け物ですねん。
まぁ、大抵の方にとっては摩訶不思議な漬け物いや食べ物やと思いますが、これが美味いのなんの。
という事で、青いパパイアが大量に手に入ったらお作り下さい。


 Vol.9 イヌビワジャム・ミルクレープ

どこにも売っていない、我がで作らなければ食べることのできないイヌビワのミルクレープ。
クワ科イチジク属のイヌビワは、イチジクみたいに種がプチプチたくさんあって食感が良い野生のフルーツです。

もし、お近くにイヌビワの木があったら、試してみて下さい。

注*関東以西本州、四国、九州、沖縄に分布。
別名イタビ


 Vol.10 マテバシイのポタージュスープ


おぉ〜まるでイタリアの田舎のマンマが作ってくれるような味です。
キノコの風味と木の実の食感がタマらない〜。
秋にピッタリのスープです。


 Vol.11 ツワブキ花のちらし寿司


キク科のツワブキの花は例年12月です。
家の周りがもう真っ黄、黄に染まる程に咲いてくれて嬉しい季節です。
キク科の花びらは眼精疲労に効果があると聞いたので、チャレンジしてみました。
段取り良く下ごしらえをしとけば、そんなに難しいものではない「ツワブキ花のちらし寿司」です。


Vol.12 あくまき

鹿児島県では五月の節句に食べる郷土菓子「あくまき」
孟宗竹の皮にとあく汁(あくまき用)を含ませた餅米を詰め、蒸し上げて作ります。
今回、屋久島のあくまき作りの名人に教わったレシピをご紹介します。


Vol.13 スズメバチの巣キャラメル

スズメバチというと刺されたら「ドえらい事になる」と誰もが思いますな。
その巣はものすごく綺麗なマーブル模様でな、見ているとうっとりします。
それもそのはずスズメバチが樹の繊維を集め、自分の唾液を使って巣をこしらえるそうですワ。

その、スズメバチの巣から生キャラメルを作ってみましたで〜!!
スズメバチの巣?と固定観念を捨ててや。

これを潰していってな、色々な薬効のあるものを混ぜて出来たんが、この生キャルメルやで〜!

く〜鼻血出そうな位、濃厚やったで。


 

 

Topへ戻る | メール待っています