ご存じでしたか?アクリル系の塗料とウレタン系の塗料のメリットデメリット

施主支給をやりたい!でもどんな塗料があるの?
こんなご質問をいただきました。
本日からは、塗料の特徴、メリット、
デメリットについてお話ししていきます!

【塗料の特徴 アクリル】

昔から使用されていた塗料。
リフォームなどでは今でも
塗料として塗装されることも多いです。
名前の通り、材料として樹脂にアクリル系のものが含まれています。

しかし最近では、あまり利用されることが
なくなってきました。その理由としては、
昔から利用はされていますが、
その分他の種類の塗料に比べると
耐久性がとても
低くすぐに塗り替える必要があるかです。

要するに持ちがあまり良くないんです。

【アクリル系塗料のメリット】

メリット
1 単価の安さ
そのため、家具やあまり耐久性が必要とされない
倉庫などの塗装にぴったり。DIYにもオススメ!
2 ツヤツヤ
にツヤが出やすく、塗装した際に
パキッとした印象の色になります。
色の種類が豊富です。
【塗料の種類】アクリル系:デメリット
1 耐久性
すぐに剥がれてしまうため何度も塗り直しが必要。
そのため、塗装の準備に手間がかかる外壁や
屋根には不向き。また、劣化がはじまると
塗膜にヒビが入るため見た目が綺麗ではなくなります。
昔公園で遊んでいた滑り台などの遊具の
塗膜がぺりぺり剥がれていて、剥がして遊んでいた。
そんな方は多いのではないでしょうか。
それと同じです。

続いて・・
【ウレタン系塗料 メリット デメリット】

ウレタン系塗料とは、
材料の樹脂にウレタン系のものが使用されている
塗料のことです。
また、先日お話しをしたアクリル系に次いで、
普及率が高く昔から使用されている塗料でもあります。
また、アクリルの次に安価です。

ウレタン系の塗料は、幅広い材料に適応しています。
家具やDIYなどの用途にしも使用が可能ですが、
耐久性があまりよくなく、
紫外線にもよわいです。その結果、
紫外線焼けと言われる切り口などが黄変しやすくなります。

では、メリット、デメリットについて
もうすこし詳しくお伝えしますね!

【ウレタン系 メリット】

弾力性があり、塗膜が柔らかくて
動きに強いです。そのため家具や遊具など動きのあるものにも対応ができます。
また、外壁にもぴったり。
触ってみて弾力を感じます。
家の素材は、外気により微妙に膨張したり縮んだりしますのでその点に於いてもおススメです。
また、硬化剤の種類を変えることで、
一気に用途を変えたり、耐久度を増したりすることもできます。
さらに、塗った後のツヤツヤ感。
こちらも綺麗です。

【ウレタン系 デメリット】

ウレタン系塗料は、塗料自体の耐久性が
低いということが、デメリット。
さらに、以前は、合成樹脂は紫外線に大変弱く
直接日光が当たるとすぐに黄変してしまう
い 特徴がありましたが、現在改良されて
紫外線を浴びても劣化しにくい樹脂になっています。

以上がウレタン系の特徴でした。

セミナーも開催しております。
施主支給を考えている方はぜひ塗料の特徴を知った上で
あなたの家に合う塗料を選んでみてくださいね。

【お知らせ】

塗装でも施主支給が可能です!
お客様ご自身で、足場架設、塗料等を支給して頂く事で、工事代がかなりお安く出来ます。

足場やさん、塗料の選び方、注文方法は
弊社のセミナーでお教えします。
また、お伺いしてのセミナーも可能です。

年始に困らないよう、屋根外壁の点検を
しておきましょう。