シリコン系塗料のメリットデメリット

ひょっとしたら一番よく聞く塗料の種類。
シリコン系塗料の特徴、メリット、デメリットについてお話します。
この塗料・・とても人気がある塗料なのです。
そのため耳にされる機会が多いかもしれませんね・・
ぜひ参考になればと思います。

シリコン系塗料のシリコンってなんぞや・・って話ですがズバリあのシリコンです。
シリコンゴムなど身近にある素材です。

シリコン系の合成樹脂が、材料として使われています。
シリコン系は種類が豊富です。
そのため、言葉だけで塗料を選ぶと
弾性が全然違うことも。

そのためにも
購入する際はその材料や配合されている成分、
価格をよく見て塗料のグレートを確認することが
とても大切です。そのため慣れていないと判断が難しい塗料かもしれません。
もし下記のメリット、デメリットを、ご覧になって
シリコン塗料に興味を持ったら
まずは当社のセミナーにて、どんな塗料を
選んだらよいのかをご判断いただいても
良いかもされません。

また、シリコン系は
アクリル、ウレタン系と比べて、耐久性が抜群によいんです。
これも人気の証ですよ。

外壁用などの塗装に使用される塗料は原液を
使用するのではなく他の液体と混ぜその後塗装します。

その際に水と混ぜるようにできている塗料を
水性(水性1液型)
シンナー等の溶剤を混ぜてから使用するのが
油性(溶剤1液型、溶剤2液型)といわれています。

実際には内壁には水性しか使用できません。
とゆうのは、油性はシンナーの臭いがキツいことが
挙げられます。

しかし、ある程度耐久性があり、
防汚性や防水性も優れているのは油性です。

シリコン系の樹脂からできる
塗膜は非常に撥水性がよく雨汚れなどを
弾く効果も期待できます。
そのため汚れにくい塗料でもあります。

【シリコン系塗料のメリット】
優れた耐久性
撥水性

【シリコン系塗料のデメリット】

選ぶのが難しい
粘土が非常に低く塗っている最中に
何度も塗料自体をかくはんしながら、
作業を行わないと沈殿がしたり塊ができます。
そのためある程度のスキルが必要かも!

いかがでしたか?合う塗料を知ることで、より満足がいく外壁塗装ができるはず・・

さて2020年の業務は本日で終了。
来年3日まではお正月休みとなります。
皆様にとって素敵な一年となりますように・・・
良いお年をお迎えくださいませ。

今年も大変お世話になりました。